ViruSure

 ViruSure.png

 

 ViruSure Forschungs und Entwicklungs GmbH

 

  ViruSureは2005年に設立されたオーストリア・ウィーンに構えるバイオ医薬品や血液製剤,ワクチン開発,最近では再生医療などに係るウイルス安全性試験などのサービスを行っている受託試験機関です。GMP基準のCell Bankingなど充実した技術と施設、そして経験豊富なキャリアを持った専門家チームを持ち、世界中のクライアントから信頼を得ています。

 ・業務内容

 ウイルスとプリオンのバイオ医薬品のための安全性試験に特化し、確実な試験サービスそして経験豊富なエキスパートによる病原体安全性試験にも対応しております。

バイオ医薬品製造はそれぞれユニークかつ汚染物質となり得るウイルス迷入の可能性を持っており、その安全性保証において、あらゆる法規制の要求に対応しております。

ViruSureによる試験結果での申請による多くのバイオ医薬品、ワクチン上市品があり、また製法確立のための予備試験の委託も多く受けています。

AddressDonau-City-Straße 1,A-1220 Vienna,Austria.  

Introduction:

    •A spin-off from the University of Veterinary Medicine Vienna

    •Founded in April 2005
    •Specialises in the virus and prion safety testing
   of biopharmaceuticals
     
 Including:
    –Virus & prion clearance studies
    •Human plasma products
    •Recombinant products
    •Animal derived products 
    –Virus safety testing
    •In vitro adventitious agent testing
    •In vivo adventitious agent testing
    •qPCR assays
    –Specific virus tests

    –Generic tests (i.e. PCR enhanced RT assay)

 Services:  ViruSure ホームページはこちら

    –Virus Clearance Studies
    •Infectivity based studies
    •qPCR based studies
    –Prion Clearance Studies

    •Western blot studies

    •Bioassay studies in hamsters

    –Tumorigenicity and oncogenicity testing in nude mice   
    –Bio-distribution studies- e.g. for gene therapy vectors
    –qPCR based specific projects
    –Customised customer requests

 

 

 

サービス内容に関するお問い合わせは、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら