TOP > スリー・エス・ジャパンのサービス > 橋渡し研究(TR)支援ビジネス

橋渡し研究(TR)支援ビジネス

 スリーエス・ジャパンでは、このたびアカデミア及び医薬品開発ベンチャー企業の臨床開発をサポートするため、橋渡し研究(TR)支援ビジネスを開始いたしました。

 医薬品の長い開発過程の中で、医薬品シーズからFIH臨床試験、POC臨床試験への橋渡し臨床試験(TR)は重要なプロセスです。当社では基礎研究から臨床試験まで、TR試験をシームレスに支援いたします。

 本事業の特長として、FIHあるいはPOC臨床試験の進め方に関してコンサルする3名の評価委員(慈恵医科大学の景山茂教授、昭和大医の小林真一教授および北里大医の熊谷雄治各教授)と臨床開発、薬事行政、統計、知財など各領域において企業あるいはアカデミア出身の各専門家(アドバイザイリーボード)がタイムリーに効率よくサポートいたします。

 

サービスについての詳細はこちら(PDF)

 

 

サービス内容に関するお問い合わせは、こちらより承ります。
お問い合わせはこちら